羽二生クリニック

(はにうくりにっく)

院長:羽二生 邦彦

地図表示 地図印刷 My病院へ登録する

〒981-0933

仙台市青葉区柏木2-2-14

電話022-273-1182


Webhttp://hanew-cl.com/index.html


診療科内科 小児科


休診日木曜日午後、日曜日、祝祭日

診療時間について

  • 診療時間
  • [午前] 9:00~12:00
  • [午後] 14:00~18:00

▲土曜日は17:00までとなります。
※当院は予約制となっております。あらかじめお電話でご予約をおとり下さい。
※毎週木曜日は代診日となっております。

▼休診・診療時間変更のお知らせ
11/22(水)は16:30までの受付となります。

特殊診療・設備の特徴

視床下部、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺疾患など

当医院の特徴

【院長】
羽二生 邦彦(はにう くにひこ)

【専門】
低身長、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺疾患 他

【経歴】
昭和46年東北大学医学部卒業。2年間の初期研修後、東北大学第二内科入局。
53年、「成長ホルモンと末端肥大症に関する研究」で医学博士号取得。54~56年、 米国テキサス大学留学。56年、東北大学第二内科勤務。
平成6年、仙台市青葉区にて羽二生クリニック開業。
平成16年12月に現在の羽二生クリニックに新築移転。
内分泌疾患を専門とする東北で初めてのクリニックとして、現在も東北大学医学部に籍を置き東北大学と連携をとりながら常に最先端の医療を実施し、数多くの成長障害に悩む子供たちの治療にあたっている。

【クリニックの紹介】
 当院は内分泌疾患を専門としています。
 平成6年に開業し、平成16年12月に現在の柏木に移転いたしました。患者様は小児から成人まで県内外問わず来院されています。

【クリニックの特徴】
内分泌疾患を専門とする東北で初めてのクリニックです。

【専門疾患】
■視床下部の疾患
頭蓋咽頭腫、異所性胚芽腫、特発性低ゴナドトロピン性性腺機能低下症、Kallmann症候群等に基づく不妊症、中枢性尿崩症、プラーダー・ウィリー症候群、思春期早発症
■下垂体の疾患
機能亢進症:プロラクチン産生腫瘍、先端巨大症、クッシング病、TSH産生腫瘍; 機能低下症:GH分泌不全性低身長症、成人成長ホルモン欠損症、特発性や機能性及び非機能性腫瘍による下垂体機能低下症、シーハン症候群、Empty Sella症候群
■甲状腺の疾患
機能亢進症:バセドウ病、プランマー病、Hashitoxicosis、無痛性甲状腺炎
機能低下症:橋本病、クレチン症
甲状腺結節:腺腫様甲状腺腫、腺腫、癌
亜急性甲状腺炎
■副甲状腺の疾患
機能亢進症、機能低下症
■副腎の疾患
クッシング症候群、原発性アルドステロン症、偶発腫瘍、褐色細胞腫、アジソン病、副腎皮質酵素欠損症、プラダー・ウィリー症候群
■性腺(卵巣・睾丸)の疾患
ターナー症候群、Noonan症候群、原発性無月経、Klinefelter症候群、男女の更年期障害
■特発性低身長症、軟骨無形成症等
■その他
夜尿症、性同一性障害、ED(Erectile Dysfunction)など


【私達の抱負】
 患者様が明るく、快適で、積極的な毎日を送っていただけるよう日々尽力していきたいと思っております。
 低身長のお子様が治療で正常範囲の身長となり、又、ホルモン不足の方がホルモン剤の補充を受け、一方、ホルモン過剰の方が治療で正常なホルモン値となり、一般のヒトと変わらない生き生きとした日常生活を送っていただくことを目標とします。

交通アクセス・周辺環境

■バス
仙台駅バスプール 10番15番乗り場より
大学病院・八幡町経由に乗車、厚生病院前下車
仙台駅バスプール16番乗り場より
大学病院経由に乗車、厚生病院前下車

■地下鉄
北四番丁駅下車、徒歩20分

■車
仙台駅から15分
仙台宮城I.C.より10分(仙台西道路経由)
7台駐車可能;満車のときは隣接する100円パーキングをご利用下さい。
パーキングの領収証と当院の領収証を窓口にご提示頂ければ代金を精算させていただきます。

【当院のホームページへ】

 

  • Adwords