仙台放送が運営する宮城県のヘルスケア情報サイト
先生の声
世界緑内障週間

日本人の失明原因

現在日本人の中途失明原因の1位は緑内障です。

かつては、糖尿病網膜症が1位でしたが、糖尿病の知名度の向上、健診の徹底、治療薬の発展などで糖尿病のコントロールが良くなってきたことで、順位が入れ替わりました。それに比べ、緑内障は、加齢により有病率が高くなるので、高齢化社会に伴って深刻な問題になる可能性があります。

医学や検査機器の発展で、緑内障の診断精度の向上し、今や40歳以上の20人に1人が緑内障であることが分かってきました。しかし、その認知度が低いのが現状です。


[グラフ出典]: 白神史雄:厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患政策研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する調査研究 平成28年度 総括・分担研究報告書:32, 2017

緑内障とは

そもそも緑内障とは何でしょう。

眼からの情報を脳に送るケーブルである視神経が徐々に減少していく疾患で、視野が狭くなっていく病気です。視力(物を細かく見る力)は維持されることが多いため、自覚症状に乏しく、見えにくさを感じた時(視力が低下した時)にはかなり進行している可能性があります。

目薬や手術により進行を緩やかにすることはできるものの、現在の医学でも失われた神経を再生させることは難しいため、早期に発見し、早期に治療し、いかに視野を守れるかが重要となります。


[画像出典]:ノバルティス ファーマ株式会社 緑内障パンフレット 2019年より

啓発活動(世界緑内障週間:2020年3月8日~3月14日)

緑内障は患者さんには自覚しづらい病気のため、進行し生活に支障がでてから受診することが多いのが実情です。進行してから治療しても回復は難しいため、早期発見・早期治療が一番大切になります。
よって、我々眼科医は、緑内障の存在をより多くの人に知ってもらおうと啓発活動を行ってきました。

世界的にもこの流れがあり、世界緑内障週間という国際的な啓発運動期間が毎年開催され、日本ではライトアップinグリーン運動が行われています。これは2015年から始まった運動で、全国の公共機関や医療機関などをグリーンでライトアップするものです。2015年は5カ所でしたが、2019年は約150カ所の施設で実施されました。

本年も、宮城県では下記の場所以外にも、県内4つの公共施設、10の医療機関・クリニック・薬局、10社の関連企業)でライトアップしています。
執筆者
東北大学病院眼科
中澤 徹 先生
医療施設情報